フェイスリフト最前線HOME » 家でもできる!シミ・しわ対策の方法 » 自宅でたるみを改善!表情筋エクササイズ

自宅でたるみを改善!表情筋エクササイズ

目元のたるみ、首のたるみ、ほうれい線を改善する表情筋エクササイズを紹介します。
簡単なものばかりですので、ぜひ今日から習慣にしてください!

目元のたるみを改善するエクササイズ

目元は「印象年齢」を作ると言われています。
たとえ若くても、目元が疲れていれば老けて見えます。逆に、目元がくっきりしていれば、若く見られます。

◆エクササイズの方法

  1. 両方のマユ毛を、上にあげます。グッと思い切り上げてください。
  2. そのまま指でマユ毛をおさえて、上まぶたやマユ毛が動かないように固定します。
  3. 下のまぶただけを使うイメージで、目を閉じます。
  4. 目を開けます。
  5. また目を閉じます。
  6. また目を開けます。

以上の要領で、目の開閉エクササイズを10往復行ってください。
毎日続けていると、目元の筋肉が鍛えられ、たるみの改善や予防に効果が表れます。

◆このエクササイズの注意点
あまり強くマユを押すと、ふとしたはずみで指がズレてしまい、眼球を傷める可能性があります。力はほどほどに込めましょう。

首のしわやたるみを改善するエクササイズ

厳密には表情筋のエクササイズではありませんが、首は顔の一部と言っても過言ではありません。首のしわやたるみは、老けた印象を与えてしまいます。

◆エクササイズの方法

  1. 姿勢よくまっすぐイスに座ります。
  2. アゴを少しひきます。
  3. その状態のまま、ゆっくりと首を右へ回します。
  4. 右を向いたまま5秒間キープします。
  5. もとの位置(まっすぐ前)に戻します。
  6. 今度はゆっくりと首を左へ回します。
  7. 左を向いたまま5秒間キープします。
  8. もとの位置(まっすぐ前)に戻します。

以上の要領で、首の左右エクササイズを3往復行ってください。

◆このエクササイズの注意点
首を左右に動かすとき、体までついて動かさないように注意してください。体は前を向いたまま、首だけ左右を向きます。
また、首を回し過ぎると筋を痛めてしまうことがあるので、極端に回さないようにしてください。

ほうれい線を改善するエクササイズ

ほうれい線も老け顔の象徴です。
できてしまったほうれい線を自力で解消することは簡単ではありませんが、少なくとも、今よりも進行しないように、日々エクササイズを実践してください。

◆エクササイズの方法

  1. 口を閉じます。
  2. 舌を上の前歯の表に出します(口を閉じたまま行うので、猿のような口元になります)。
  3. そのまま舌を、歯の表面をなぞるように、ぐるりと右回りで一周させます。
  4. この右回りを20回行います。
  5. 右回りが終わったら、今度は左回りを20回行います。

以上、右回り20回、左回り20回、合計40回を1セットにして、1日に3セット行います。
ほうれい線を内側から伸ばす格好になりますので、しわ伸ばしの効果があります。
また、それ以上に、口周りの血行が改善して新陳代謝が良くなり、ほうれい線の予防や改善の効果が期待できます。

なお、この舌回しは、そのまま二重アゴを解消するためのエクササイズにもなります。

このエクササイズの注意点
やり過ぎるとかえってしわを増やしてしまう可能性があるため、1日3回までにとどめましょう。